投稿誌「わいふ」への投稿1

Posted on 05 9月, 2014 in 結婚

母親役などやらず、あなたはあなた、私は私、てんでにやりましよう、というやつです。
夫は、私に可愛い女でいて欲しいと思っているようなところもありましたから、家庭内別居という形をとりたかったようです。
しかし、こういうごまかしも苦手ですので、私は別居することにしました。子供たちは、夫の許に置き、私だけ部屋を借りました。
しかし職業のない彼女に自立はむずかしい。
今まで、夫と子供とともに生きることに没頭してきた私は、こうなってみて初めて自分自身への手当てなど何もしていないことに気付きました。
企業人としてまた家庭人としての夫をきびしく裁断しながら、私は自分の身体だけは全て夫や夫の会社に頼りきっていたという事実が、
今どっと目の前にさらけ出され、私は実に恥ずかしく、心細い思いをしています。
私が人間らしいと思える生き方で、意志を貫こうとすれば、この年ですから、いくら頑張って働いてみても、
いつかどこかで病気をしてのたれ死にということにもなりかねません。では反省して意志を曲げ、夫の許に戻るとしても、
夫に徹底的に抵抗した事実はそのまま残ります。と書くと後悔しているようですが、後悔はしていません。
どうなっていくのか見当もつきませんが、子育てをし、自立を図る努力を続け、外側からそんな自分をじっくり観察するつもりです。
最初の例は主婦になってしまった女性が、自己実現できない辛さと怒りをぶつけたものだが、これは愛の場であるべき(と女は思う)家庭の空洞化をついている。
もうひとつ、少を変わった角度からのものをあげよう。
一九八五年一月、「集合住宅で生きる」という特集を組承、投稿を募集した。埼玉県の団地に住む若い主婦が、「女たちの昼さがり」と題した一文を寄せ、
掲載されたのだが、それは団地妻たちが子供・夫のいない間、昼から夕刻までお茶の承会をして、主婦売春があるらしいなどと人の噂、
くだらぬことをしゃべり合う、というものだった。ヒマな主婦生活がよく描かれていた。
円満な結婚生活の為にすべきこと。それは相性が合う素敵なパートナーと巡り合うこと。

参考:
相互リンク開く

Comments are closed.